kettlebell

ケトルベル、腹圧で上げる

投稿日:2017年10月23日 更新日:

ケトルベルトレーニングの時は、呼吸がとても大切だと実感しています。ケトルベルを扱う際の呼吸について少しお話します。

Sponsored Link

私はケトルベルを始めた頃、どこで息をしていいのかわからず、ブハァ~と息を漏らしてしまっていました。途端にケトルベルは上がりません。

鼻で息を吸う → お腹を膨らませる → 腹圧を使いパワーを出す → 口から少しずつ漏らす(ツーじゃなくて、ツゥッ。)

頭上にケトルベルを上げる時は、お腹で上げているような感覚があります。スイングなら、腰を引いてケトルベルを後ろに振っている時点で、鼻から吸い振り上げる時にツゥッと息を漏らします。その繰り返しです。ミリタリープレスとか頭上にケトルベルを上げる時、ケトルベルをラックポジションまで上げるまでに、鼻で息を吸う。お腹が酸素で充満して膨らんでいる状態で腹圧を使って頭上に上げラックポジションまで戻る。下ろしながら息を口から漏らす。続けて上げる際は、深呼吸して鼻から吸い、お腹を膨らませるの繰り返し。重たいケトルベルを上げる時にお腹が萎んでしまうとまず上がらない。お腹で上げるイメージです。

ぜひ、呼吸を意識してみて。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

ハーフゲットアップ - 回し蹴りの強化にも

ケトルベルを使ったトレーニングで、ゲットアップは基本ですし是非お勧めしたい種目ですが、とりあえずその半分でもいいかもしれません。まずは始めてみること、続けることが大切。

ケトルベル ー ダブルクリーン

ダブルクリーンは両手にケトルベルを持ちクリーンします。こちらも地味に?体に効いてきすし、スクワットやプレスにつながる基本の動きです。

プッシュプレス2

最近はクリーン→スクワット→プッシュプレスの流れが気に入っています。プッシュプレスはケトルベルを膝の屈伸の反動を使ってあげます。新しい重さに慣れるまでは有効と思います。

ケトルベル - ジャーク

反動を使ってケトルベルを頭上に上げる種目にジャークがあります。ジャークは体中のいろいろな筋肉を同時に使います。身体がエネルギーに包まれる感じになります。疲れます。。。全身の瞬発力、筋肉増量、筋肉増強、 …