kettlebell

ケトルベル、両手・片手・ダブル

投稿日:

たとえばスイングをする時、両手でケトルベルを持つ、片手で持つ、ダブルで持つ場合、トレーニングの効果に違いはあるのか考えてみます。運動強度の強弱だけでしょうか?そうでもないようなのです。

Sponsored Link

以前は、両手のスイング、片手のスイング、ダブルのスイングの違いは運動の強弱の違いと思っていました。そのため、より重い重量で両手のスイングを挑戦したくなっていました。しかしちょっと違っていたみたいなのです。使っている筋肉が異なっているようです。最近、実感するようになりました。

1.両手でスイング

両手でのスイングは基本ですのでまずはマスターしましょう。

お尻と背中を主に使っています。

2.片手でスイング

お尻+体の中に斜めに力が走りますので、より連動した動きになります。左右差の調整にも効き、身体の調整の作用があるように感じます。

3.ダブルスイング

両手に一つずつケトルベルを持ちます。ケトルベルを振った衝撃を胴体で受け止めるので胴体が横からキュッと締まる感じがします。体幹の強化に効きそうです。パワーを使います。ハイプルをつけたら最強です。

ダブル種目は充分にケトルベルに慣れてから行ってください。自分の足にケトルベルを落としたり、脚にあてたら大変です。

慣れた動きの繰り返しをしていると体は省エネモードになってしまいます。運動の効果が少なくなり、脂肪燃焼しにくくなります。スイングも種類を取り混ぜたり、回数を変えたりして変化をつけていくことをお勧めします。

どうですか?違いを感じていますか?私は、最近感じるようになったところです。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - ヒンジ(私の空気イス)

ケトルベルでヒンジの動きはとっても大事。かつ基本。スクワットとは違うよとまず強調される。ケトルベルに出会って8年、私の実感レベルで解説します。

ケトルベル ー プッシュプレス

ケトルベルを頭上に上げます。ミリタリープレスでは反動を使わずに、ケトルベルを上げました。プッシュプレスでは膝の屈伸の反動を使います。ミリタリープレスで上がらなかった重量を上げることが出来るかもしれませ …

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。

ケトルベルダブル ー ダブル・フロント・スクワット

前にゴブレット・スクワットをご紹介しましたが、慣れてきたらダブル・フロント・スクワットもお勧めです。ゴブレット・スクワットよりは負荷が高く難度もアップです。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。