kettlebell

ケトルベルでストレッチ ー ニーリング・ベントプレス

投稿日:

ケトルベルでベントプレスをします。ケトルベルを頭上に上げますので見た目、パワー系のようですが、ストレッチに効果あります。まずは膝をついてやってみます。(ニーリング・ベントプレス)

Sponsored Link

手順はこんな感じ。

1.右ひざを立て、左ひざは床についた状態でケトルベルは右手に持ちます。ケトルベルを持った方の前腕は床に対して垂直です。

2.右ひじを背中の方へ引きます。身を少し旋回して、ゆるりと回っていく感じです。目線はケトルベルです。目でずっとケトルベルを追います。

3.左手は床につきます。ケトルベルを持った右腕は動かさず(高さキープです)自分が下に沈み込んで行き、さらに左ひじを床につけます。

4.ケトルベルを持った右腕がまっすぐになるまで、自分が沈み込んだら、「トォー」って感じで、ケトルベルを持った右腕は天にパンチ(する感じ)、正面を向きます。

これを1-5回くらいくり返してみます。左側も同様に。

思わず腕の力でケトルベルを上げそうになりますが、力は使わずゆるりと身体を旋回しながらやってみます。背中の筋肉が伸びてストレッチされます。ニーリング・ベントプレスは自分の身体をちっちゃく畳んでいく感じですが、身体は伸びています。

頭上にケトルベルは、ちょっと怖いと感じるようなら何か軽いもので代用してもストレッチ出来ます。ケトルベルのクラスでは、こぶしをつくりその上に小さめのミットを乗せて、ミットを落とさないように、ニーリング・ベントプレスの動きをしたりしています。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベルでストレッチ&体幹を鍛える

ケトルベルを使ったトレーニングの効果は、強くなるの他に整える効果が大いにあると感じています。重さの大小や使い方によって健康に生きたい私たちの味方です。ストレッチ&体幹強化のための使い方を紹介します。

ケトルベル - 1 arm swing

ケトルベル、スイングは基本ですが慣れてきたら片手スイング(1 arm swing)もぜひ。身体への効き方が両手の時と少し違ってきます。

SFGで学んだこと ー 受講する姿勢

馴れ合いが通用しない世界だとわかった。学ぶ姿勢は大切なポイントだと改めて感じた。

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。