kettlebell

ケトルベル - ゲットアップ

投稿日:

前にハーフゲットアップを紹介しましたが、後半も加えて一連のゲットアップをやってみます。ゲットアップは仰向けの姿勢から、ケトルベルを持ったまま起き上がり、また戻ります。全身の筋肉を総動員する感じです。

Sponsored Link

流れはこんな感じです。

1.仰向けに寝ます

両手でケトルベルを上げます。左手を離し、身体の横へ置きます。右腕だけでケトルベルをキープです。(天に向かってパンチしている感じです。)脚はVの字に軽く開きます。右ひざを立てます。(ケトルベルも持っている方の脚)

2.上体を起こしていきます

左ひじをつき、上体を起こして行きます。(ここでパンチの気分)そして左ひじを伸ばします。(ここでもパンチの気分)だんだん起き上がりながら、天に向かってパンチをし続けるイメージです。

3.腰を上げる

お尻と胴体がアーチを描くようにします。ストレッチ感を感じます。前に出た足(左足)のかかとは浮かさないで。

4.脚を引きます

伸ばしていた脚を引き、ひざをつきます。視線はケトルベルから放しません。

5.立ち上がります

右手にはケトルベルを持っていますが、そのまま立ち上げります。

6.戻ります

来たルートを帰ります。そして仰向けの姿勢まで戻ります。

反対側も同様に。

結構、全身を使います。途中、ストレッチも出来て充実した内容です。パンチをする気分でと何回も言ってしまいましたが、そんな気分でないと手首がぐにゃりと外側に反ってしまうので、私はパンチをする気分でやっています。ゲットアップの通しは、多少疲れますのでハーフゲットアップもお勧めです。

ケトルベルを右側から左側へ持ちかえる際は、自分の身体の上を通さず頭上(寝ていますので床上ですが)を通るようにします。ケトルベルを頭上で持ちかえる時も、身体を伸ばしてストレッチしたり。。。安全第一で、焦らずに行きましょう~

 

上記、私の言葉で書いていますが、『ケトルベルマニュアル』松下タイケイ著にて、詳しくは確認いただけると安心です。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。

ケトルベル、両手・片手・ダブル

たとえばスイングをする時、両手でケトルベルを持つ、片手で持つ、ダブルで持つ場合、トレーニングの効果に違いはあるのか考えてみます。運動強度の強弱だけでしょうか?そうでもないようなのです。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

何事もやりすぎは禁物 - 腹筋

以前、腹筋やりすぎたら姿勢が悪くなってしまったことがある。肩が前に出てしまった。いわゆる巻き肩だ。腹筋がついてきて、お腹もうっすら割れてきてよろこんでいたら、なんか姿勢が悪いと言われるようになった。

ケトルベル - スナッチ

片手スイングやゲットアップに慣れてきたらスナッチをやってみましょう。スナッチは身体のいろいろな筋肉を連動して使います。新しい世界に突入といった感じなのです。