kettlebell

ケトルベル - 1 arm swing

投稿日:

ケトルベル、スイングは基本ですが慣れてきたら片手スイング(1 arm swing)もぜひ。身体への効き方が両手の時と少し違ってきます。

Sponsored Link

動きは大体こんな感じとなります。

1.構え

お尻は引きます。(空気イスに座る感じです)背中は丸めずに前を見ます。床に置いたケトルベルを持ち、一度後ろに引き付けます。(足を固定して綱引きをしている感じでしょうか?)

2.振り上げる

ケトルベルを後ろに振ります。(勢いよく全力で)そして腰で押し出す感じでケトルベルが振りあがります。腕はまっすぐ自然に、顔は前を向いたままです。胸がバーンと開く感じ。お尻のキュッは忘れずに。息使いは、いつもの通りです。鼻から吸ってお腹に溜めてツゥッて感じです。

3.ケトルベルを置く

ケトルベルを置くときも背中は丸めず、前を向いたままです。

空気イス?していますのでもも裏に効いてくる感じがあります。振り下ろす方を全力でやると勝手にケトルベルが振りあがりますので、振り下ろす方を意識するといいと思います。

前のブログ「ケトルベル、両手・片手・ダブル」も参照いただけると嬉しいです。

 

ケトルピンク

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

何事もやりすぎは禁物 - 腹筋

以前、腹筋やりすぎたら姿勢が悪くなってしまったことがある。肩が前に出てしまった。いわゆる巻き肩だ。腹筋がついてきて、お腹もうっすら割れてきてよろこんでいたら、なんか姿勢が悪いと言われるようになった。

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

ケトルベル - スナッチ

片手スイングやゲットアップに慣れてきたらスナッチをやってみましょう。スナッチは身体のいろいろな筋肉を連動して使います。新しい世界に突入といった感じなのです。

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。