kettlebell

ケトルベル - ジャーク

投稿日:

反動を使ってケトルベルを頭上に上げる種目にジャークがあります。ジャークは体中のいろいろな筋肉を同時に使います。身体がエネルギーに包まれる感じになります。疲れます。。。全身の瞬発力、筋肉増量、筋肉増強、持久力のアップに効くようです。ケトルベルに十分慣れてきたら是非試してみて。

Sponsored Link

手順はこんな感じとなります。

1.クリーンします

ラックポジションがスタート地点となります。

2.膝の屈伸を使って、ケトルベルを浮揚させる

3.ケトルベルが浮揚したところで、自分の身体を低い姿勢でケトルベルの下に潜り込ませる。背中は丸めないで。

4.ケトルベルを上げます

そのまま膝をまっすぐ伸ばします。

5.ケトルベルを下ろします

ストンと下ろし、膝の屈伸で吸収するように受け止めます。ラックポジションへ。

何回か連続してやってみましょう。反対側も同様に。

ジャークは肩の強化にもなりますが、肩への負担も大きいので肩に怪我をしている時には控えた方が無難です。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はじめまして。

初投稿します。 ケトルピンクです。 私は、日常的にケトルベルを使ったトレーニング&ストレッチをし、食事にも気を配り、日々とても健康に送っています。元気はつらつです。病気知らずな感じです。

フロアープレスでイメトレ

最近、フロアープレスを取り入れた。ミリタリープレスやゲットアップの時に体を固める感じがすごくイメージしやすい。

ハーフゲットアップ - 回し蹴りの強化にも

ケトルベルを使ったトレーニングで、ゲットアップは基本ですし是非お勧めしたい種目ですが、とりあえずその半分でもいいかもしれません。まずは始めてみること、続けることが大切。

スクワットをしよう-ゴブレット・スクワット

私たち、日頃から立ったり座ったりがけっこうあります。オフィスでも電車など移動の時もおトイレでも。。。健康に生きていくには必須の動きだと思います。いつまでも自分の足で歩けるように、ハツラツと過ごせるよう …

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

管理人:kettlepink

日々、健康に過ごせることに感謝しています。主にケトルベルを使ったトレーニング、ストレッチやアスリートフードのことなどを紹介していきます。