kettlebell

ケトルベルダブル ー ダブル・フロント・スクワット

投稿日:

前にゴブレット・スクワットをご紹介しましたが、慣れてきたらダブル・フロント・スクワットもお勧めです。ゴブレット・スクワットよりは負荷が高く難度もアップです。

Sponsored Link

ケトルベルのダブル種目です。ゴブレットの時はケトルベルが支えになっているような安心感がありましたが、両手に持っていますのでより胴体を使いますし、お尻への負荷もアップします。あまり前傾姿勢にならないようにしっかりと背筋ピーンで行きましょう。

1.クリーンします

2.背筋をまっすぐにしたまま、肘は真下に向け深く腰を下ろしていきます

(膝蹴りする感じ。。。なんですが、分かりにくかったらごめんなさい。)

3.すっと立ち上がります

腹圧を使います。

4.ケトルベルを置きます

どうしても最初は、上半身がぐらぐらしてしまい前傾姿勢になりがちですが、背筋をまっすぐにして肩と腰が同時に動くようになると。。。お尻に効いてきますし、膝蹴りが強くなります。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プッシュプレス2

最近はクリーン→スクワット→プッシュプレスの流れが気に入っています。プッシュプレスはケトルベルを膝の屈伸の反動を使ってあげます。新しい重さに慣れるまでは有効と思います。

ケトルベル - シーソープレス

シーソープレスは両手に持った2つのケトルベルを交互に上げる動きです。2つを同時に上げるダブルミリタリープレスよりはやりやすいかと思います。正しくすることで上半身だけでなく腹斜筋や腹直筋にも効いてきます …

2020年 コロナと運動不足と北アルプス

2020年8月のはじめ、久々に山に出かけました。大天井岳(2922m)と燕岳(2763m)です。今年は、新型コロナウィルスCOVID-19の影響で予定していた富士登山がなくなり、前に行った燕岳が良かっ …

SFG L1ケトルベルインストラクターに認定されました

昨年の自分を超えたように思います。この一年、人の目のない所で密かに頑張ってきたのです。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。