kettlebell

私のスナッチテスト

投稿日:2018年4月4日 更新日:

自宅でスナッチテストに挑戦。制限時間5分。トータル100回スナッチをします。

Sponsored Link

スナッチテストの主なルール

●制限時間   5分

●回数     左右合わせて100回スナッチする

●左右の持ち替えは何度でもOK

●トップポジションでは腕を曲げずロックアウトすること。上で一瞬動きを止める。

●反対の手を膝やお尻においてはダメ

●振り下ろす時、ケトルベルを持っているほうの手やケトルベルを肩や腕に触れてはダメ

●重量、12キロのケトルベルを使用

〈スナッチテスト一回目〉

失敗。⤵

タイム 5分20秒

体調 ▲ (風邪気味で身体が重い)

実感 風邪の影響か終始スピードが出なかった。心拍数上がらなかった。

 

体調悪くてもクリアー出来る基礎体力の向上目指してあえての挑戦だったが失敗してしまい残念な気持ち。終始フワッとしたスナッチとなった。よかったところはケトルベルの持ち替え以外では動きを止めなかった。ダメなスピードの基準が分かった。

〈スナッチテスト2回目〉一回目の1週間後

成功。⤴

タイム 3分57秒

体調 △ (風邪の治りかけ)

実感 ダメなスピードはわかっていたので、少しペースを上げた。スピード上がったので少し心拍数上がったが特には苦しくはなかった。(心拍数 117)

 

一回目同様、ケトルベルの持ち替え以外は休まずケトルベルを振り続けた。4分を切った。正直嬉しい。体調万全ではなかったがやり切ったと思った。何事も常に本番の日が体調マックスとは限らない。自分自身のボトムアップを目指してコツコツトレーニングしようと思った。回数は20,20,15,15,10,10,5,5でトータル100回。

 

200回を越えるスナッチも練習していたので100回は大変じゃなかった。苦しくなったら、より自分をいじめてみよう。きっと楽になる。私のスナッチ強化週間の記録も是非参考に。。。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

ケトルベル - 1 arm swing

ケトルベル、スイングは基本ですが慣れてきたら片手スイング(1 arm swing)もぜひ。身体への効き方が両手の時と少し違ってきます。

ケトルベル - スナッチ

片手スイングやゲットアップに慣れてきたらスナッチをやってみましょう。スナッチは身体のいろいろな筋肉を連動して使います。新しい世界に突入といった感じなのです。

スナッチテスト 2019年6月

SFGインストラクター認定コースでは、スキルテストの後スナッチテストが行われます。性別や体重などによってスナッチテストのケトルベルの重量は違いますが、女性で12キロか16キロ、男性で20キロか24キロ …

Swing/Clean/Snatch

私、普段ケトルベルを使っています。大抵は出勤前の家トレがメインです。この地味な?トレーニングが気に入っています。筋トレにもなるし、ストレッチにもなるし、心肺機能向上や持久力アップにも効果を発揮します。 …