kettlebell

スウィング前にスクワット

投稿日:

ケトルベルでスウィングはとっても基本の種目です。ケトルベルに出会ったら最初の段階で必ず行う種目です。そしてなかなか奥深いと思います。最近はスウィング前にスクワットを取り入れています。

Sponsored Link

スウィングは、両手で振ってみる、片手で振ってみる、背中を意識する、お尻を意識する、腕は伸びてる?などなど意識するところは意外と多い。股関節も柔らかいほうがやりやすいなと感じます。そして、スクワットをしてから股関節もストレッチしてからするとスウィングがやりやすくなりました。

先生が、両手スウィングの時、ハンドルを折っちゃう気持ちで(絶対、折れないけどね~)脇を締めてみろと言っていた。脇を締めて、腕がケトルベルに持っていかれないようにということみたい。ならば。。。ゴブレットスクワット

→スウィングの流れがいいと思う。

(ゴブレット・スクワット)

 スクワットしてしゃがんだ姿勢で身体を左右にゆらゆらしても股関節がほぐれます。立ち上がる時はスッと立ち上がりましょう。

(スウィング)

是非、試してみて。スウィング前にスクワットはお勧めです。

 

ケトルピンク

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。

スクワットをしよう-ゴブレット・スクワット

私たち、日頃から立ったり座ったりがけっこうあります。オフィスでも電車など移動の時もおトイレでも。。。健康に生きていくには必須の動きだと思います。いつまでも自分の足で歩けるように、ハツラツと過ごせるよう …

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。

管理人:kettlepink

日々、健康に過ごせることに感謝しています。主にケトルベルを使ったトレーニング、ストレッチやアスリートフードのことなどを紹介していきます。