kettlebell

スウィング前にスクワット

投稿日:

ケトルベルでスウィングはとっても基本の種目です。ケトルベルに出会ったら最初の段階で必ず行う種目です。そしてなかなか奥深いと思います。最近はスウィング前にスクワットを取り入れています。

Sponsored Link

スウィングは、両手で振ってみる、片手で振ってみる、背中を意識する、お尻を意識する、腕は伸びてる?などなど意識するところは意外と多い。股関節も柔らかいほうがやりやすいなと感じます。そして、スクワットをしてから股関節もストレッチしてからするとスウィングがやりやすくなりました。

先生が、両手スウィングの時、ハンドルを折っちゃう気持ちで(絶対、折れないけどね~)脇を締めてみろと言っていた。脇を締めて、腕がケトルベルに持っていかれないようにということみたい。ならば。。。ゴブレットスクワット

→スウィングの流れがいいと思う。

(ゴブレット・スクワット)

 スクワットしてしゃがんだ姿勢で身体を左右にゆらゆらしても股関節がほぐれます。立ち上がる時はスッと立ち上がりましょう。

(スウィング)

是非、試してみて。スウィング前にスクワットはお勧めです。

 

ケトルピンク

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プッシュプレス2

最近はクリーン→スクワット→プッシュプレスの流れが気に入っています。プッシュプレスはケトルベルを膝の屈伸の反動を使ってあげます。新しい重さに慣れるまでは有効と思います。

ケトルベル、まずはスイングを始めよう!

まず基本は何といってもスイング。両手でケトルベルを持つスイングと片手でのスイングがあるが、まずは両手でケトルベルを持ち振ってみよう。ケトルベルは女性達に嬉しい効果がいっぱい。ケトルベルを振り上げるとき …

片手スイングの見直し

自分のスイングを見直しての改善計画中ですが、one arm swingの場合も以前のフォームと比べてみました。

ケトルベルでストレッチ ー ニーリング・ベントプレス

ケトルベルでベントプレスをします。ケトルベルを頭上に上げますので見た目、パワー系のようですが、ストレッチに効果あります。まずは膝をついてやってみます。(ニーリング・ベントプレス)

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。