kettlebell

SINISTERな私の週末

投稿日:

SFG(Strong First Girya)のケトルベルインストラクター認定コースを受講しました。大変濃密でsinisterな週末となりました。SFGは世界各国でインストラクター認定コースを開催しています。今回イタリアで行われた認定コースに参加しました。金土日の3日間のコースです。

Sponsored Link

私にとってchallenge & changeです。結果は、SFGの基準に達せずでしたが、再チャレンジの機会を得たと考え前進していきたいと思います。

受講生は約60名ほどでした。多くはスポーツインストラクターをされていたり、私のように会社員やシェフをされている人もいました。ケトルベルをやっている人、一見して違います。姿勢がいいのです。筋肉も美しい。立ち姿もクールです。そんなツワモノ達に交じって、私の今のベストは尽くせたと思います。充実した3日間でした。この日の為に準備した時間も無駄ではないし多くのことを学んだ3日間でした。

私は、ケトルベルに出会って8年程になりますが、女性ですし、そんなに筋肉をつけたくはないという気持ちもありました。今回参加して、もっと強くなりたいと本気で思いました。自分のパワーをちゃんと使いこなせなかったのが悔しかった。そして、鍛えられた女性たちは美しかった。学んだことをちゃんと復習して、身体で理解して、修正・改善をしていきたいと思います。準備が整ったらまた挑戦しようと思います。

心に灯をともした経験でした。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベルで体幹を鍛える2 - ボトムアッププレス

最近の私のお気に入り、ボトムアッププレスをご紹介します。

ケトルベル - スナッチ

片手スイングやゲットアップに慣れてきたらスナッチをやってみましょう。スナッチは身体のいろいろな筋肉を連動して使います。新しい世界に突入といった感じなのです。

SFG L1ケトルベルインストラクターに認定されました

昨年の自分を超えたように思います。この一年、人の目のない所で密かに頑張ってきたのです。

ケトルベル ー ダブルクリーン

ダブルクリーンは両手にケトルベルを持ちクリーンします。こちらも地味に?体に効いてきすし、スクワットやプレスにつながる基本の動きです。

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。