kettlebell

コース1日目

投稿日:

コース初日、7:30には会場に入り受付。

そこで体重を測りシートにケトルベルのテストサイズが記入される。マニュアルを受け取る。自分のチームに合流する。パートナーを指定され、これからの3日間は彼女と組んでお互い指導しあったり、組んでpracticeを行う。このペアに1人アシスタントのインストラクターがついてくれた。大変手厚い。

コース中、使用言語は英語とイタリア語。英語の後にイタリア語の通訳、もしくはイタリア語の後に英語の通訳が入る。この通訳の時間が唯一の自由時間、頭を整理するよう努める。もしくはケトルベルが浮いている一瞬が唯一の休憩時間。時間厳守、安全第一、相手を思いやること、ケトルベルの技術の習得以外に学ぶこと、感じることも多い。

午前・午後それぞれ一回10分の休憩があった。みんなモグモグタイムで栄養を補給。集合時間に誰か1人でも遅れれば全体責任、拳立て伏せとかが待っている。

コース中、水は飲んだが汗で出るのかトイレにはお昼休みの1回で済んだ。汗で出てしまう。朝8:00から18:00まで10時間、なかなか長い一日。

(ピンクの背中が私)

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SINISTERな私の週末

SFG(Strong First Girya)のケトルベルインストラクター認定コースを受講しました。大変濃密でsinisterな週末となりました。SFGは世界各国でインストラクター認定コースを開催して …

Swing/Clean/Snatch

私、普段ケトルベルを使っています。大抵は出勤前の家トレがメインです。この地味な?トレーニングが気に入っています。筋トレにもなるし、ストレッチにもなるし、心肺機能向上や持久力アップにも効果を発揮します。 …

私とケトルベル

私がケトルベルを知ったのは、2010年ごろ、友人に薦められてケトルベルのクラスに参加したのが始まり。その当時、護身術を習っていて、そのオプショナルクラスでケトルベルクラスが開催されていた。はじめの印象 …

スナッチテスト 2019年6月

SFGインストラクター認定コースでは、スキルテストの後スナッチテストが行われます。性別や体重などによってスナッチテストのケトルベルの重量は違いますが、女性で12キロか16キロ、男性で20キロか24キロ …

ミリタリープレスの見直し

現在ミリタリープレスを改善中。テクニックを学んで、たくさん練習して、それが私の中で息をするように、水が流れるように、たくさん意識しなくても力を発揮できるように。。。日々頑張っているところです。