kettlebell

コース1日目

投稿日:

コース初日、7:30には会場に入り受付。

そこで体重を測りシートにケトルベルのテストサイズが記入される。マニュアルを受け取る。自分のチームに合流する。パートナーを指定され、これからの3日間は彼女と組んでお互い指導しあったり、組んでpracticeを行う。このペアに1人アシスタントのインストラクターがついてくれた。大変手厚い。

コース中、使用言語は英語とイタリア語。英語の後にイタリア語の通訳、もしくはイタリア語の後に英語の通訳が入る。この通訳の時間が唯一の自由時間、頭を整理するよう努める。もしくはケトルベルが浮いている一瞬が唯一の休憩時間。時間厳守、安全第一、相手を思いやること、ケトルベルの技術の習得以外に学ぶこと、感じることも多い。

午前・午後それぞれ一回10分の休憩があった。みんなモグモグタイムで栄養を補給。集合時間に誰か1人でも遅れれば全体責任、拳立て伏せとかが待っている。

コース中、水は飲んだが汗で出るのかトイレにはお昼休みの1回で済んだ。汗で出てしまう。朝8:00から18:00まで10時間、なかなか長い一日。

(ピンクの背中が私)

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SFGで学んだこと ー 受講する姿勢

馴れ合いが通用しない世界だとわかった。学ぶ姿勢は大切なポイントだと改めて感じた。

スクワットをしよう-ゴブレット・スクワット

私たち、日頃から立ったり座ったりがけっこうあります。オフィスでも電車など移動の時もおトイレでも。。。健康に生きていくには必須の動きだと思います。いつまでも自分の足で歩けるように、ハツラツと過ごせるよう …

私のスナッチテスト

自宅でスナッチテストに挑戦。制限時間5分。トータル100回スナッチをします。

ケトルベル、両手・片手・ダブル

たとえばスイングをする時、両手でケトルベルを持つ、片手で持つ、ダブルで持つ場合、トレーニングの効果に違いはあるのか考えてみます。運動強度の強弱だけでしょうか?そうでもないようなのです。

はじめまして。

初投稿します。 ケトルピンクです。 私は、日常的にケトルベルを使ったトレーニング&ストレッチをし、食事にも気を配り、日々とても健康に送っています。元気はつらつです。病気知らずな感じです。