kettlebell

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

投稿日:

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。

Sponsored Link

A子も私もしごきのようなものを予想して覚悟していましたが、初回の指導内容は、そうしたものではなくブリーフィングといった感じでした。デッドリフト、ゲットアップ、ワンアームスイングやボトムアッププレスなど。まだスナッチやプレスはやりません。基本のおさらいと心構えといった感じ。肩透かし?にあったような気にもなりますが私達の本気度の確認とこれから自分で歩いていかなければならない私達を突き放す親?の儀式のような感じでした。

そこから課題が与えられ、基本各自自主トレが始まりました。ワンアームスイング、ゲットアップ、ダブルフロントスクワットとボトムアッププレスです。週ごとに課題(回数)が増やされていき、自然に力が付く方式です。先生はやったかどうかのチェックなんてしてくれません。やるもやらぬも自分次第なのです。

年が明けて、2月のはじめに2回目の指導を受けました。ここでも先生はあまりとやかく言いません。2人でお互いに教えあうのです。教えた経験もないし、うまく説明できなかったりして話が長くなってしまう私。指導の最後の方にスクワットとプレスを何度もさせられ、ゼエゼエしていると、「コース中はパートナーはこのくらい疲労困憊状態なんだ。話は短くしろ。」と一言。チーンです。。。その時、次の課題として渡されたのがミリタリープレスとスナッチメニューです。スナッチは一週目から120回。。。なんと残酷な。。。とはじめは思いました。が、やってみると案外できました。自分で出来ないなんて決めちゃダメだなと思いました。もちろん時間計測します。途中から心拍数を測ることにしました。スナッチ前にチョコ(糖質摂取)を食べたり食べなかったり、息使いも変えてみました。ゴオゴオ言ってみたり、ツウッツウッ言ってみたり、自分に合うスタイルを探しているような、身体にすりこませていくような地味な時間です。が、結構楽しんでいました。やってみないとわからない、自分の身体の変化に気づき始めます。

3回目、4回目は個人指導となりました。イタリアでのコースを想定し、半分は英語で指導していただきました。デッドリフト、クリーン、スイング、ゲットアップ、プレス、スナッチやダブルクリーンなど丁寧に、そしてteachingも行いました。この英語での指導は現地でとても役立ちました。フツーにOLしてたら馴染みのない英単語や筋肉英語を多少は覚えました。

あとは、『肉単』で筋肉英語を多少覚えました。お昼休み、ランチしながら筋肉の絵の入ったこの本をペラペラしていました。ある意味、青春です。。。

 

現地での3日間に向けて準備した時間もとても大切な貴重な時間となりました。

これで英語の勉強をしました。筋肉の絵もついていて助かりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肉単 語源から覚える解剖学英単語集筋肉編 [ 原島広至 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2018/6/23時点)

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スウィング前にスクワット

ケトルベルでスウィングはとっても基本の種目です。ケトルベルに出会ったら最初の段階で必ず行う種目です。そしてなかなか奥深いと思います。最近はスウィング前にスクワットを取り入れています。

ケトルベルでヒップアップ-片足デッドリフト

ケトルベルは全身の連動した動きの中で身体を整えていきます。私のお気に入りは、片足デッドリフトです。シンプルでかつヒップに効果大です。

ケトルベル - ゲットアップ

前にハーフゲットアップを紹介しましたが、後半も加えて一連のゲットアップをやってみます。ゲットアップは仰向けの姿勢から、ケトルベルを持ったまま起き上がり、また戻ります。全身の筋肉を総動員する感じです。

ハーフゲットアップ - 回し蹴りの強化にも

ケトルベルを使ったトレーニングで、ゲットアップは基本ですし是非お勧めしたい種目ですが、とりあえずその半分でもいいかもしれません。まずは始めてみること、続けることが大切。

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。