kettlebell

ケトルベル、まずはスイングを始めよう!

投稿日:2017年10月1日 更新日:

まず基本は何といってもスイング。両手でケトルベルを持つスイングと片手でのスイングがあるが、まずは両手でケトルベルを持ち振ってみよう。ケトルベルは女性達に嬉しい効果がいっぱい。ケトルベルを振り上げるときにお尻をキュッとするのでヒップアップに効果あり。そして全身を使うので姿勢がよくなり後ろ姿が美しくなる。私は巻き肩の解消にも効果があると思い、続けている。Let’s try ladies!

Sponsored Link

鼻からたくさん空気を吸い込み、お腹に充満させて口から漏らす感じの息づかい。吐き出すときは一気ではなくて、上歯と下歯は閉じたまま、隙間から勢いよく漏れ出す感じで。ツゥッとかトゥッとか息が漏れる。下半身は、空気イスに座った状態から、息を吐きだすタイミングでスキージャンプする感じ。センセイは「スキージャンプのように」とか「Swing is Ballistic」と表現していた。背中は丸めずに胸を張って、振ってみよう!

 

 

詳しくは、下記の『ケトルベルマニュアル』を教科書として。。。

 

分かりやすい解説と写真つきなので初心者にも熟練者にもおすすめの教科書です。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - 1 arm swing

ケトルベル、スイングは基本ですが慣れてきたら片手スイング(1 arm swing)もぜひ。身体への効き方が両手の時と少し違ってきます。

ケトルベル - ヒンジ(私の空気イス)

ケトルベルでヒンジの動きはとっても大事。かつ基本。スクワットとは違うよとまず強調される。ケトルベルに出会って8年、私の実感レベルで解説します。

スナッチの見直し

スナッチはケトルベルを振り上げる動きです。スイングの延長線上ですね。このスナッチも改善しようと思います。

スイングの見直し

自分のスイングを見直しての改善計画中。以前の写真の中の私と比べてみました。

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。