kettlebell

何事もやりすぎは禁物 - 腹筋

投稿日:

以前、腹筋やりすぎたら姿勢が悪くなってしまったことがある。肩が前に出てしまった。いわゆる巻き肩だ。腹筋がついてきて、お腹もうっすら割れてきてよろこんでいたら、なんか姿勢が悪いと言われるようになった。

Sponsored Link

筋肉が身体の前面に引っ張られて、肩が前に出てしまったようだ。何事もバランスが大事とつくづく思う。腹筋したら背筋もしよう。伸ばしたら縮めよう。巻き肩は見た目も美しくないし、リンパの流れが悪くなって太りやすくなるとか、肺が圧迫されて呼吸が浅くなるとか。。。大変。私は巻き肩に気が付いてからは、腹筋の方法を変えた。今は軽めのケトルベルを使って、もっと短時間で済むので紹介します。

軽めのケトルベルを持ち抱えるようにして、寝転び(仰向け)、両足をあげる(膝を胸に引き付ける)。腕は伸ばしたまま頭上の床につけるように。この動きは腹筋に効くのと肩のストレッチにもなり巻き肩の解消にも効果がある。プラス、スイングで背筋を使えばバランスはいい感じ。ぜひやってみて。女性の初心者だと4~8kgぐらいから。慣れてきたら12kgにも挑戦してみて。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スウィング前にスクワット

ケトルベルでスウィングはとっても基本の種目です。ケトルベルに出会ったら最初の段階で必ず行う種目です。そしてなかなか奥深いと思います。最近はスウィング前にスクワットを取り入れています。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

プレスと肩の柔軟性

最近、特に感じるのがストレッチの大切さ。スイングする時は腰回りをほぐしてからやるとうまくいく。プレスの時は肩回りをほぐしてやるとよく上がる。

ケトルベルで腰回りをほぐすーウィンドミル

歳を重ねていくと、いや重ねなくても。。。腰が痛かったりって誰にもあるんじゃないかと思います。日ごろ、鍛えていてもそうでなくても。。。ないですか?ケトルベルを使った腰回りのほぐしを紹介します。

ケトルベルで体幹を鍛える2 - ボトムアッププレス

最近の私のお気に入り、ボトムアッププレスをご紹介します。