kettlebell

プッシュプレス2

投稿日:

最近はクリーン→スクワット→プッシュプレスの流れが気に入っています。プッシュプレスはケトルベルを膝の屈伸の反動を使ってあげます。新しい重さに慣れるまでは有効と思います。

Sponsored Link

最近16キロのケトルベルをメインに家トレしていますが、まだそんなに余裕はなくミリタリープレスだと右しかあがりません。(今のところはですが。)重さに慣れたり、自分であげた成功体験など体に記憶させるにはいいかと思い、16キロのプッシュプレスを気に入ってやっています。始めは右しかあがらなくて、最近は左でもあがるようになりました。ミリタリープレスとは違い、体をそれほど固めません。膝をやわらかく使い、背中は丸めず立ち上がる感じです。そして下ろす時も膝で衝撃を吸収し、やわらかく下ろします。

昨年の1月にもプッシュプレスのことを書いています。よかったら参考にしてください。前のブログでは12キロのケトルベルをあげていました。今年の私は16キロをあげています。

フリーハンドは、前にフワッと出してバランスをとっています。拳をグーにしてみたり、ダラッとしてみたりしてみましたが、このフワッと前に出すのが今のところ一番しっくりくるように思います。

(比べてみました)

2018年1月 12キロ プッシュプレス

2019年4月 16キロ プッシュプレス

去年の私は、16キロはあげられなかった。左もあがるようになり嬉しく思います。まだまだ健康に元気に頑張ります。

早朝の公園、桜の木の下で。

 

ケトルピンク

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル、腹圧で上げる

ケトルベルトレーニングの時は、呼吸がとても大切だと実感しています。ケトルベルを扱う際の呼吸について少しお話します。

スナッチテスト 2019年6月

SFGインストラクター認定コースでは、スキルテストの後スナッチテストが行われます。性別や体重などによってスナッチテストのケトルベルの重量は違いますが、女性で12キロか16キロ、男性で20キロか24キロ …

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

ケトルベル ー ダブルクリーン

ダブルクリーンは両手にケトルベルを持ちクリーンします。こちらも地味に?体に効いてきすし、スクワットやプレスにつながる基本の動きです。