kettlebell

挑戦するって楽しい

投稿日:

イタリアに向かう機内でそう思った。ちょうど一年前にも同じくイタリアに向かっていた。

Sponsored Link

イタリアで行われるSFG  L1ケトルベル インストラクター認定コースに参加するため。そして今年はそのリベンジ。昨年は合格とはならずだった。準備不足だった。

この一年、私なりにだが頑張ってきた。自分で考えて行動(トレーニング)してきた。なんだかワクワク。週末はSINISTERな週末がまたやってくる。どこまで耐えられるか、昨年の自分は越えられたか、自分に挑戦しに行く感じである。とりあえず行きの便ではアルコールは控えておこうと思う。

 

2019年6月

ケトルピンク

イタリアに向かう機内で

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。

16キロを頭上に

最近はケトルベルの16キロをメインに家トレしています。片手で16キロを頭上に上げるのは、女性にはそんなに簡単ではない。。。と思います。膝の反動を使わずにケトルベルを頭上に上げるミリタリープレスをマスタ …

ケトルベルでストレッチ ー ニーリング・ベントプレス

ケトルベルでベントプレスをします。ケトルベルを頭上に上げますので見た目、パワー系のようですが、ストレッチに効果あります。まずは膝をついてやってみます。(ニーリング・ベントプレス)

最近の私のトレーニング 2019年2月の今

大分、ブログをおさぼりしてしまった。。。私の中でひと段落がついて落ち着いたというか、初心に戻って地味にやっているところなのです。

スナッチの見直し

スナッチはケトルベルを振り上げる動きです。スイングの延長線上ですね。このスナッチも改善しようと思います。