kettlebell life

痛みのケア - 私の経験から

投稿日:

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

Sponsored Link

20年ほど前に痛めた右肩がずっとシクシク痛くて、左右差が激しく右肩が上がらなかったのです。けっこう長い間、つい昨年までですが。。。昨年は利き腕ではない左の方が強かった位。昨年6月ごろから家トレの強度を上げたおかげかかえって右肩の痛みは消えたのです!日常生活には問題はなかったのですが、ケトルベルを中心に家トレしていて重たいものを頭上に上げたり、趣味の登山で身体を使っていましたが、シクシクと痛んでずっと絶好調とは言えないコンディションでした。加齢でも起きるようですが、腱が切れかかっています。20年前、仕事が忙しくてそんなに、というか全然運動していませんでしたが、医者には一生鍛えて筋肉で支えてください。なんて言われたのです。

データがないので確実ではないのですが、ミリタリープレスやボトムアッププレスの効果で肩回りが強化されたように思います。体感ですが。。。ケトルベル歴はもう10年ほどですが、やる気スイッチが入ったのが昨年で、強度を上げました。

今では右利きらしく右が強くなってきました。本当に嬉しい。ずっとシクシク痛かった時、年齢的にも四十肩だろ、とか五十肩だろとか思われてあまりまともに取り扱ってはもらえず悶々と言った感じでした。だって左腕は上がるんだから。。。と。

痛いからと大事にしすぎても良くはならない。少しばかり右肩には頑張ってもらいました。すると右肩が応えてくました。そして強化されてきました。今は身体から痛みが消えました。コツコツとトレーニングしてきて、昨年から強度を上げたのでコツコツ作戦とも言えます。

もちろん、すべてのケースにはあてはまらないとは思いますが。。。自分を甘やかさない。自分にも時々エールを送る。時々はゆるりとすごす。のが私流です。そして元気にやっています。

 

ケトルピンク

10K  ボトムアッププレス

16K スナッチ

16K  ミリタリープレス

 

 

五輪書は兵法の本ではあるけれど、人生の指南書でもあると思うのです。生きる姿勢を学べます。エッセンスを盗んでいます。。。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell, life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残雪の日光白根山 2019年5月初旬

今年のGWは昨年と同じく日光白根山に登りました。昨年は残雪もあり途中の弥陀が池で撤退しました。今年はアイゼンとトレッキングポールを携帯し、なんとか登頂を果たしました。でもなかなか過酷な山旅でした。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

最近の私のトレーニング 2019年2月の今

大分、ブログをおさぼりしてしまった。。。私の中でひと段落がついて落ち着いたというか、初心に戻って地味にやっているところなのです。

私のスナッチテスト

自宅でスナッチテストに挑戦。制限時間5分。トータル100回スナッチをします。

wind millでストレッチ

最近、ケトルベルを一つ頭上に上げて、上半身をゆるりと伸ばすwind millが気に入っています。立ったままストレッチといった感じです。