kettlebell stretch

ゲットアップの見直し 2

投稿日:

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。

Sponsored Link

前回のブログ「ゲットアップの見直し」でもゲットアップを見直しましたが、さらに見直します。

*伸ばした方の脚→上を向ける、壁を押すように。

*ケトルべルを持つ方の腕→顔の上を避け遠く側に旋回→肩がパックされる(腕をねじ込む?感じ)

*支える方の腕→肘を固定して胴体に引き付ける感じ(PULL)→肩がパックされる

前回、「手のひらでしっかりと大地を押す感じ」と書きましたが、今回修正します。肘は固定していて不動ですが手の甲は上でも下でも大地についていなくても大丈夫。肘を固定して、胴体に引き寄せています。PULL,PULL,PULL…

身が絞まります。そして大地を踏んづけながら斜め上にケトルベルでパンチ?な感じです。回し蹴りする時の腰のフォームに一瞬なります。

(比べてみました)

2018年8月 14キロ

2019年7月 14キロ

最近の方が上体が起きています。腕を胴体にねじ込んだ感じ。肩がよりパックされている感じです。

 

ケトルピンク

 

自分の到達度によって入ってくる・理解できる内容が異なってきますので、出来るようになってからも見直すといいと思います。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell, stretch

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。

今の私の評価 ー 2018年6月

2018年6月SFG level1ケトルベルインストラクター認定コース を受講したが、結果は不合格だった。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

スウィング前にスクワット

ケトルベルでスウィングはとっても基本の種目です。ケトルベルに出会ったら最初の段階で必ず行う種目です。そしてなかなか奥深いと思います。最近はスウィング前にスクワットを取り入れています。

スイングの見直し

自分のスイングを見直しての改善計画中。以前の写真の中の私と比べてみました。