kettlebell

ケトルベル ジャーク

投稿日:

ケトルベルのジャーク。少々上級者向けな感じもありますが、やってみると楽しい。膝の屈伸が使えるので重たいケトルベルをあげることも出来ます。

Sponsored Link

手順はこんな感じです。(前のブログもご参照ください。)

1.クリーンします

ケトルベルを腕の中に収める時に、膝の屈伸を使ってフワリとケトルベルを受け止めます。

2.膝の屈伸を使ってケトルベルを浮揚させます

上方にケトルベルを放り投げる感じ。かかとが浮きます。

3.ケトルベルが浮いたところに自分の体を潜り込ませます。

肩の柔軟性か、自然と上がる位置があると思います。それ以上、上げるには腹圧や呼吸を使って上げることになりますが、ジャークではケトルベルを上げるというより、ケトルベルの下に自分の体を入れます。ということで、あまり力は使いません。

4.ケトルベルを受け止めたら、そこで立ち上がります。膝・肘を伸ばして。

5.ケトルベルを下ろす時も膝の屈伸を使って、フワリとケトルベルを受け止めます。

上りで2回、下りで1回、膝の屈伸をフワリと使ってケトルベルを受け止めます。

身体をなめらかに使います。膝の反動を使うのでジャークの動きに慣れてくると、わりと重たいケトルベルも扱えるので楽しくなります。

(ダブル・ジャークやってみました)

昨年の私はダブル・ジャークは想定外でした。やってみると楽しいです。余裕が出来たら試してみて。。。

(14キロのダブル・ジャーク)

 

昨年の自分のブログを見返すと、大分フォームが変わりました。柔らかく膝を使えるようになってきました。

 

ケトルピンク まだまだ成長中。。。

 

普段何気なくしている呼吸を意識して、武器?にも出来るように思います。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プレスと肩の柔軟性

最近、特に感じるのがストレッチの大切さ。スイングする時は腰回りをほぐしてからやるとうまくいく。プレスの時は肩回りをほぐしてやるとよく上がる。

スウィング前にスクワット

ケトルベルでスウィングはとっても基本の種目です。ケトルベルに出会ったら最初の段階で必ず行う種目です。そしてなかなか奥深いと思います。最近はスウィング前にスクワットを取り入れています。

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。

ケトルベルで体幹を鍛える2 - ボトムアッププレス

最近の私のお気に入り、ボトムアッププレスをご紹介します。

ケトルベル - クリーン

最近の家トレでは、クリーンをはじめにやっています。今までは、クリーンって、なんとなく地味であまり達成感もなくて、ついつい後回しにしてきました。が、最近はクリーンしてラックした時に今日の自分の体調が分か …