kettlebell

スクワットをしよう-ゴブレット・スクワット

投稿日:

私たち、日頃から立ったり座ったりがけっこうあります。オフィスでも電車など移動の時もおトイレでも。。。健康に生きていくには必須の動きだと思います。いつまでも自分の足で歩けるように、ハツラツと過ごせるように、スクワットを取り入れることをお勧めします。

Sponsored Link

スクワットの基本は下へしゃがむ動きです。バーベルなど大変重い重量を扱った競技などではルールがあるかと思いますが、シンプルに行きたいと思います。ケトルベルを使ったゴブレット・スクワットではケトルベルを抱えるように持っているので安定感があり、上半身にも負荷が分散されるので深く膝を曲げられ、柔軟性のアップにも効果があります。以下、ゴブレット・スクワットのやり方を紹介します。

1.ケトルベルのハンドルを両手で抱えるように持ちます。

スイングの延長でケトルベルが一瞬浮き上がっている瞬間にハンドルを持ち替えます。

2.背筋をまっすぐにしたまま膝を外に開いて深く腰を下ろしていきます。

3.すっと立ち上がります。

肩と腰が同時に立ち上がる感じが目標です。ハッとかツゥッとか掛け声と共に勢いよく立ち上がります。腹圧を使います。

『ケトルベルマニュアル』のp139「ヒンジとスクワット」でもっと詳しく書かれています。この記述を見て、ハッと思いました。スクワットは骨盤を下へ落とすとあります。なるほどです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケトルベル・マニュアル 身体を芯から鍛える! [ 松下タイケイ ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/10/22時点)

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

プッシュプレス2

最近はクリーン→スクワット→プッシュプレスの流れが気に入っています。プッシュプレスはケトルベルを膝の屈伸の反動を使ってあげます。新しい重さに慣れるまでは有効と思います。

ケトルベルダブル ー ダブル・フロント・スクワット

前にゴブレット・スクワットをご紹介しましたが、慣れてきたらダブル・フロント・スクワットもお勧めです。ゴブレット・スクワットよりは負荷が高く難度もアップです。

ケトルベルでストレッチ ー ニーリング・ベントプレス

ケトルベルでベントプレスをします。ケトルベルを頭上に上げますので見た目、パワー系のようですが、ストレッチに効果あります。まずは膝をついてやってみます。(ニーリング・ベントプレス)

何事もやりすぎは禁物 - 腹筋

以前、腹筋やりすぎたら姿勢が悪くなってしまったことがある。肩が前に出てしまった。いわゆる巻き肩だ。腹筋がついてきて、お腹もうっすら割れてきてよろこんでいたら、なんか姿勢が悪いと言われるようになった。