kettlebell

ケトルベル、腹圧で上げる

投稿日:2017年10月23日 更新日:

ケトルベルトレーニングの時は、呼吸がとても大切だと実感しています。ケトルベルを扱う際の呼吸について少しお話します。

Sponsored Link

私はケトルベルを始めた頃、どこで息をしていいのかわからず、ブハァ~と息を漏らしてしまっていました。途端にケトルベルは上がりません。

鼻で息を吸う → お腹を膨らませる → 腹圧を使いパワーを出す → 口から少しずつ漏らす(ツーじゃなくて、ツゥッ。)

頭上にケトルベルを上げる時は、お腹で上げているような感覚があります。スイングなら、腰を引いてケトルベルを後ろに振っている時点で、鼻から吸い振り上げる時にツゥッと息を漏らします。その繰り返しです。ミリタリープレスとか頭上にケトルベルを上げる時、ケトルベルをラックポジションまで上げるまでに、鼻で息を吸う。お腹が酸素で充満して膨らんでいる状態で腹圧を使って頭上に上げラックポジションまで戻る。下ろしながら息を口から漏らす。続けて上げる際は、深呼吸して鼻から吸い、お腹を膨らませるの繰り返し。重たいケトルベルを上げる時にお腹が萎んでしまうとまず上がらない。お腹で上げるイメージです。

ぜひ、呼吸を意識してみて。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - シーソープレス

シーソープレスは両手に持った2つのケトルベルを交互に上げる動きです。2つを同時に上げるダブルミリタリープレスよりはやりやすいかと思います。正しくすることで上半身だけでなく腹斜筋や腹直筋にも効いてきます …

ケトルベル ー プッシュプレス

ケトルベルを頭上に上げます。ミリタリープレスでは反動を使わずに、ケトルベルを上げました。プッシュプレスでは膝の屈伸の反動を使います。ミリタリープレスで上がらなかった重量を上げることが出来るかもしれませ …

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。

ケトルベル - ヒンジ(私の空気イス)

ケトルベルでヒンジの動きはとっても大事。かつ基本。スクワットとは違うよとまず強調される。ケトルベルに出会って8年、私の実感レベルで解説します。

ケトルベルは無酸素運動?有酸素運動?

ケトルベルのトレーニングは無酸素運動か有酸素運動か?ふと思いました。重たい重量を扱っていると、息が出来ないなと思いました。どっちでしょうか?