kettlebell

ケトルベル、両手・片手・ダブル

投稿日:

たとえばスイングをする時、両手でケトルベルを持つ、片手で持つ、ダブルで持つ場合、トレーニングの効果に違いはあるのか考えてみます。運動強度の強弱だけでしょうか?そうでもないようなのです。

Sponsored Link

以前は、両手のスイング、片手のスイング、ダブルのスイングの違いは運動の強弱の違いと思っていました。そのため、より重い重量で両手のスイングを挑戦したくなっていました。しかしちょっと違っていたみたいなのです。使っている筋肉が異なっているようです。最近、実感するようになりました。

1.両手でスイング

両手でのスイングは基本ですのでまずはマスターしましょう。

お尻と背中を主に使っています。

2.片手でスイング

お尻+体の中に斜めに力が走りますので、より連動した動きになります。左右差の調整にも効き、身体の調整の作用があるように感じます。

3.ダブルスイング

両手に一つずつケトルベルを持ちます。ケトルベルを振った衝撃を胴体で受け止めるので胴体が横からキュッと締まる感じがします。体幹の強化に効きそうです。パワーを使います。ハイプルをつけたら最強です。

ダブル種目は充分にケトルベルに慣れてから行ってください。自分の足にケトルベルを落としたり、脚にあてたら大変です。

慣れた動きの繰り返しをしていると体は省エネモードになってしまいます。運動の効果が少なくなり、脂肪燃焼しにくくなります。スイングも種類を取り混ぜたり、回数を変えたりして変化をつけていくことをお勧めします。

どうですか?違いを感じていますか?私は、最近感じるようになったところです。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私は週6で指輪を外す

どんなスポーツもその競技に適した服装があります。ケトルベルを扱う時はどのような服装が望ましいのか?トレーニングウェアについて少しまとめてみました。

スナッチ強化週間 第2弾 前半(1-3週目)

スナッチ強化週間始めました。私にとっては第2弾となります。前回は12キロのケトルベルを使用しました。今回は14キロで挑戦します。

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。

SFGで学んだこと ー 受講する姿勢

馴れ合いが通用しない世界だとわかった。学ぶ姿勢は大切なポイントだと改めて感じた。

ケトルベル - スナッチ

片手スイングやゲットアップに慣れてきたらスナッチをやってみましょう。スナッチは身体のいろいろな筋肉を連動して使います。新しい世界に突入といった感じなのです。