kettlebell

ケトルベル - ジャーク

投稿日:

反動を使ってケトルベルを頭上に上げる種目にジャークがあります。ジャークは体中のいろいろな筋肉を同時に使います。身体がエネルギーに包まれる感じになります。疲れます。。。全身の瞬発力、筋肉増量、筋肉増強、持久力のアップに効くようです。ケトルベルに十分慣れてきたら是非試してみて。

Sponsored Link

手順はこんな感じとなります。

1.クリーンします

ラックポジションがスタート地点となります。

2.膝の屈伸を使って、ケトルベルを浮揚させる

3.ケトルベルが浮揚したところで、自分の身体を低い姿勢でケトルベルの下に潜り込ませる。背中は丸めないで。

4.ケトルベルを上げます

そのまま膝をまっすぐ伸ばします。

5.ケトルベルを下ろします

ストンと下ろし、膝の屈伸で吸収するように受け止めます。ラックポジションへ。

何回か連続してやってみましょう。反対側も同様に。

ジャークは肩の強化にもなりますが、肩への負担も大きいので肩に怪我をしている時には控えた方が無難です。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。

片足ミリタリープレス

最近、気に入っているケトルベルを使ったストレッチを紹介します。片足のミリタリープレスです。片足立ちでケトルベルを一つ頭上に上げます。意外と?ストレッチ効果があるように感じています。

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

プッシュプレス2

最近はクリーン→スクワット→プッシュプレスの流れが気に入っています。プッシュプレスはケトルベルを膝の屈伸の反動を使ってあげます。新しい重さに慣れるまでは有効と思います。

女性の体調のこと

SFG インストラクター認定コース前日、予想外の。。。生理がやってきてしまった。移動中の機内にて。本来ならコースが終了して帰国してからの予定だった。