kettlebell

私のスナッチ強化週間

投稿日:

最近、スナッチ強化週間として、たくさんスナッチをしました。そして私なりに気が付いたことを書き留めておきます。回数が増えていくと、身体がポカポカ温かくなりました。息使いも荒くなります。確実に脂肪が燃えだしたのを感じました。そしてそれを超えると息も上がらなくなりました。

Sponsored Link

強化週間は5週間。各週2-3回づつ実施しました。ケトルベルは12Kを使用しました。

1週目  左右合わせて      120回

2週目  左右合わせて    160回

3週目  左右合わせて    190回

4週目  左右合わせて    200回

5週目  左右合わせて    212回

1.1週目 - 120回スナッチ

120回スナッチを今まで実行したことがありませんでした。自分自身を試す感じで始めました。意外とできました。息切れもそんなにありませんでした。

2回目は1回目よりも1分近くタイムが縮まりました。2回目にして身体が慣れはじめました。

2.2週目 - 160回スナッチ

1回目は、手の内側に貼った滑り止めのテープがめくれたりして少し時間のロスが発生し、途中からはテープを剥がしてしまった。

2回目は、わずかに1回目のタイムを縮めた。120回を超えたころから心拍数が上がって来て可愛くない息使いになる。身体がホカホカした。身体が燃えだした感じ。息が荒くなるのは酸素を欲しているからか?酸素を使って燃え続けるエネルギー代謝が始まった?この点、ケトルベルって有酸素運動だと思う。

3.3週目 - 190回スナッチ

1回目はエネルギー代謝があると見込んで、スナッチする1時間20分ほど前にチョコレートを少し摂取した。 途中息が荒くなるが、ハアハアせずに低音でゴオゴオと音を立てて呼吸してみた。呼吸をコントロールする感じ。2週目よりスナッチのスピードが速くなった。身体がポカポカする。スナッチ後、お肌がしっとりするのを感じた。

2回目からは、心拍数を計ることにした。1回目より時間がかかってしまった。口が渇いて少し苦しかった。心拍数は150とやや高め。2回目は心拍数計測はじめたことで気がそちらにとられ、スナッチ前に糖質の補給忘れていた。

3回目は心拍数はあまり上がらなかった。苦しくなかった。ちなみに心拍数111だった。同じ回数スナッチしても疲労感や心拍数が全然違う。スピードは2回目より1分近く縮んだ。スナッチ強化週間3週目に入り、心肺機能も知らぬ間に鍛えられている感じ。これは登山時にも活かされそう。。。

4.4週目 - スナッチ200回

4週目に入ると身体がすっかり慣れてきて、あまり疲れなくなった。心拍数もあまり上がらない。勝手に心肺機能が強化させているのか、身体に刺激がなくなったのか、運動量のわりにはカロリー消費しなくなった気がする。200回で10分7秒。10分切れなかったけど、まあまあ速い方だと思う。4週目は楽だった。

5.5週目 - スナッチ212回

この週は、体調が悪く、頭痛とめまいが少しあった。スナッチ時、パワーがあまり出なかったので、膝を使うことにした。膝の屈伸を深めにして、それを動力に変えてケトルベルを持ちあげたような感じとなった。心拍数は4週目より高めの130、スナッチ212回に耐えうる体力が備わってきた気がする。体感ではずっとゆっくり目だったけど前半132回時点で6分なので、後半に失速したことになる。

スナッチたくさんして持久力や心肺機能が勝手に強化されているのを感じました。4週目にはすっかり身体も慣れを感じて200回が楽でした。はじめ身体が温まってきたときは脂肪燃焼効果を期待したけど、ダイエット目的でするような可愛いものではないと思いました。日頃からトレーニングしている人がその延長でするもの。高負荷のトレーニングは自分の体力や技術に合わせて取り入れるのがいいと思います。断然、高負荷トレーニングの前には糖質補給が有効と実感しました。疲れ方が全然違います。5週間、スナッチメインで身体を固めていましたので、緩めにマッサージに行こうと思います。

 

ケトルピンク

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


  1. ケトルインストラクタ-候補生 より:

    とても参考になりました。
    5週連続のこの回数はすごいです!
    自分も20kでいずれはこの様なトレーニングをしなければ。。。

    • kettlepink より:

      ケトルベルインストラクター候補生さん
      先生から渡されたメニューが最初から120回で、最初正直うわって思いましたけど。。。自分で出来ないと決めなければ出来るみたいです。やってみると意外と出来ることって多いんだなと感じました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベルダブル ー ダブル・フロント・スクワット

前にゴブレット・スクワットをご紹介しましたが、慣れてきたらダブル・フロント・スクワットもお勧めです。ゴブレット・スクワットよりは負荷が高く難度もアップです。

片手スイングの見直し

自分のスイングを見直しての改善計画中ですが、one arm swingの場合も以前のフォームと比べてみました。

ケトルベルで肘打ちが強くなる?-ハイプル

私は若干、巻き肩気味なので改善に向けてトレーニングしています。最近のお気に入りはハイプル。そのうえ、胸が開き呼吸が楽になるように感じます。背中に軽い負荷もあり気持ちいいのです。知らず知らずのうちに肘打 …

ケトルベル、両手・片手・ダブル

たとえばスイングをする時、両手でケトルベルを持つ、片手で持つ、ダブルで持つ場合、トレーニングの効果に違いはあるのか考えてみます。運動強度の強弱だけでしょうか?そうでもないようなのです。

私は週6で指輪を外す

どんなスポーツもその競技に適した服装があります。ケトルベルを扱う時はどのような服装が望ましいのか?トレーニングウェアについて少しまとめてみました。

管理人:kettlepink

日々、健康に過ごせることに感謝しています。主にケトルベルを使ったトレーニング、ストレッチやアスリートフードのことなどを紹介していきます。