kettlebell

Swing/Clean/Snatch

投稿日:

私、普段ケトルベルを使っています。大抵は出勤前の家トレがメインです。この地味な?トレーニングが気に入っています。筋トレにもなるし、ストレッチにもなるし、心肺機能向上や持久力アップにも効果を発揮します。家の中であまり場所を取らないのもいいですし、壊れることもないのでコスパもなかなか良いのかと思っています。

Sponsored Link

Swingはケトルベルのとっても基本の動きです。そしてこのSwingの動きはCleanやSnatchの動きと初動は同じです。

  1. Swing

2. Clean

3. Snatch

どれもはじめにケトルベルを後ろに振り下げています。(後ろにケトルベルを振っています。)Swingではそのあと、お尻をキュッとしてケトルベルを前に振り上げます。

Cleanではそのあと、同じくお尻をキュッとしてケトルベルを腕の中に収めます。

Snatchでも同様、Swingよりも大きく振り上げて天に向かってパンチです。どれも一度、後ろに引いていて、お尻を引き締めています。この振り下げる動きとお尻キュッが大切なのだと思います。私のスナッチ強化週間5週目に体調マックスでなくて身体に力が入らなかった時もsnatch212回やりきりました。その時は、腕の力はほとんど使いませんでした。この後ろに振り下げるのを意識したことと、膝をより深く屈伸(お尻をいつもより深く沈ませるといった感じです)し、立ち上がる動力を使いました。

ケトルベルを始めたころ、この振り下げる動作がよくわからず自分の股の間にケトルベルをバックで振って、手首を返してぴょこんとしていたような気がします。そして腕の力で振り上げていました。今は、もう少し体幹とお尻のキュッを使っています。ヒップアップに期待中です。

ケトルピンク

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - クリーン

最近の家トレでは、クリーンをはじめにやっています。今までは、クリーンって、なんとなく地味であまり達成感もなくて、ついつい後回しにしてきました。が、最近はクリーンしてラックした時に今日の自分の体調が分か …

SFGで学んだこと ー 受講する姿勢

馴れ合いが通用しない世界だとわかった。学ぶ姿勢は大切なポイントだと改めて感じた。

デッドリフトの見直し

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

SFG L1ケトルベルインストラクターに認定されました

昨年の自分を超えたように思います。この一年、人の目のない所で密かに頑張ってきたのです。

ケトルベルでヒップアップ-片足デッドリフト

ケトルベルは全身の連動した動きの中で身体を整えていきます。私のお気に入りは、片足デッドリフトです。シンプルでかつヒップに効果大です。

管理人:kettlepink

日々、健康に過ごせることに感謝しています。主にケトルベルを使ったトレーニング、ストレッチやアスリートフードのことなどを紹介していきます。