kettlebell

Swing/Clean/Snatch

投稿日:

私、普段ケトルベルを使っています。大抵は出勤前の家トレがメインです。この地味な?トレーニングが気に入っています。筋トレにもなるし、ストレッチにもなるし、心肺機能向上や持久力アップにも効果を発揮します。家の中であまり場所を取らないのもいいですし、壊れることもないのでコスパもなかなか良いのかと思っています。

Sponsored Link

Swingはケトルベルのとっても基本の動きです。そしてこのSwingの動きはCleanやSnatchの動きと初動は同じです。

  1. Swing

2. Clean

3. Snatch

どれもはじめにケトルベルを後ろに振り下げています。(後ろにケトルベルを振っています。)Swingではそのあと、お尻をキュッとしてケトルベルを前に振り上げます。

Cleanではそのあと、同じくお尻をキュッとしてケトルベルを腕の中に収めます。

Snatchでも同様、Swingよりも大きく振り上げて天に向かってパンチです。どれも一度、後ろに引いていて、お尻を引き締めています。この振り下げる動きとお尻キュッが大切なのだと思います。私のスナッチ強化週間5週目に体調マックスでなくて身体に力が入らなかった時もsnatch212回やりきりました。その時は、腕の力はほとんど使いませんでした。この後ろに振り下げるのを意識したことと、膝をより深く屈伸(お尻をいつもより深く沈ませるといった感じです)し、立ち上がる動力を使いました。

ケトルベルを始めたころ、この振り下げる動作がよくわからず自分の股の間にケトルベルをバックで振って、手首を返してぴょこんとしていたような気がします。そして腕の力で振り上げていました。今は、もう少し体幹とお尻のキュッを使っています。ヒップアップに期待中です。

ケトルピンク

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - ゲットアップ

前にハーフゲットアップを紹介しましたが、後半も加えて一連のゲットアップをやってみます。ゲットアップは仰向けの姿勢から、ケトルベルを持ったまま起き上がり、また戻ります。全身の筋肉を総動員する感じです。

SINISTERな私の週末

SFG(Strong First Girya)のケトルベルインストラクター認定コースを受講しました。大変濃密でsinisterな週末となりました。SFGは世界各国でインストラクター認定コースを開催して …

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

私のスナッチテスト

自宅でスナッチテストに挑戦。制限時間5分。トータル100回スナッチをします。

女性の体調のこと

SFG インストラクター認定コース前日、予想外の。。。生理がやってきてしまった。移動中の機内にて。本来ならコースが終了して帰国してからの予定だった。