kettlebell

コース1日目

投稿日:

コース初日、7:30には会場に入り受付。

そこで体重を測りシートにケトルベルのテストサイズが記入される。マニュアルを受け取る。自分のチームに合流する。パートナーを指定され、これからの3日間は彼女と組んでお互い指導しあったり、組んでpracticeを行う。このペアに1人アシスタントのインストラクターがついてくれた。大変手厚い。

コース中、使用言語は英語とイタリア語。英語の後にイタリア語の通訳、もしくはイタリア語の後に英語の通訳が入る。この通訳の時間が唯一の自由時間、頭を整理するよう努める。もしくはケトルベルが浮いている一瞬が唯一の休憩時間。時間厳守、安全第一、相手を思いやること、ケトルベルの技術の習得以外に学ぶこと、感じることも多い。

午前・午後それぞれ一回10分の休憩があった。みんなモグモグタイムで栄養を補給。集合時間に誰か1人でも遅れれば全体責任、拳立て伏せとかが待っている。

コース中、水は飲んだが汗で出るのかトイレにはお昼休みの1回で済んだ。汗で出てしまう。朝8:00から18:00まで10時間、なかなか長い一日。

(ピンクの背中が私)

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何事もやりすぎは禁物 - 腹筋

以前、腹筋やりすぎたら姿勢が悪くなってしまったことがある。肩が前に出てしまった。いわゆる巻き肩だ。腹筋がついてきて、お腹もうっすら割れてきてよろこんでいたら、なんか姿勢が悪いと言われるようになった。

ケトルベル - ジャーク

反動を使ってケトルベルを頭上に上げる種目にジャークがあります。ジャークは体中のいろいろな筋肉を同時に使います。身体がエネルギーに包まれる感じになります。疲れます。。。全身の瞬発力、筋肉増量、筋肉増強、 …

2020年 コロナと運動不足と北アルプス

2020年8月のはじめ、久々に山に出かけました。大天井岳(2922m)と燕岳(2763m)です。今年は、新型コロナウィルスCOVID-19の影響で予定していた富士登山がなくなり、前に行った燕岳が良かっ …

ケトルベルダブル ー ダブル・フロント・スクワット

前にゴブレット・スクワットをご紹介しましたが、慣れてきたらダブル・フロント・スクワットもお勧めです。ゴブレット・スクワットよりは負荷が高く難度もアップです。

スナッチの見直し

スナッチはケトルベルを振り上げる動きです。スイングの延長線上ですね。このスナッチも改善しようと思います。