kettlebell

今の私の評価 ー 2018年6月

投稿日:

2018年6月SFG level1ケトルベルインストラクター認定コース を受講したが、結果は不合格だった。

Sponsored Link

スイングが評価されなかった。floatするようにスイングしようとして背中が反ってしまった。腹圧が使えていない。open chestしようとして、やはり背中が反ってしまっていた。やはり腹圧が弱いのだ。

下半身の動きが充分に動力を生んでいない。まだ体に染みついていないのだ。準備が足りなかった。

double cleanの時に強く感じた。ヒップヒンジがうまく使えていない。連動していない。腕の力でケトルベルを腕の中に収めてしまっている。

一段階重いケトルベルで練習しようと思う。体の力が連動しないと上げられないような状況を課そう。よりsinisterに!もっと強くなりたいと思う。そして体を絞って美しくありたい!ケトル女子たちは美しかった。強くて自信に満ちている。姿勢もいい。ゴージャスだ。

スナッチテスト(5分間で100回スナッチ)ではno countを3回とられてしまい、失格となってしまった。えっ、動揺した。正直体力は充分残っていたし、だいぶ後半まで来ていた。肘をまっすぐ頭上でlock outすることを強く意識したら二挙動とみなされてしまった。lock outまでは一挙動であげなければいけない。自覚なく失格を告げられてしまい、残念で仕方ない。

自分に足りないところを補強して、次の機会には必ずチャレンジしようと思える素敵な時間だった。大人の青春でした。

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


  1. Kenta Takeda より:

    試験お疲れ様でした。
    ビデオテストは行われる予定でしょうか?
    日本人女性初のSFGインストラクターの誕生を心から願っております!

    • kettlepink より:

      まだパワーが足りていないと実感しました。cool beauty達を見て気分もupしましたので、私もcool beauty目指して、準備が整ったら再チャレンジします。予定では来年頃です。日々成長していけるよう頑張ります。コメントありがとうございます!励みになります!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

片足デッドリフト

最近、片足デッドリフトが地味に楽しい。もも裏に効果がありそうです。両手にケトルベルを持ってするのが最近のお気に入りです。

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

ケトルベル ジャーク

ケトルベルのジャーク。少々上級者向けな感じもありますが、やってみると楽しい。膝の屈伸が使えるので重たいケトルベルをあげることも出来ます。

コース1日目

コース初日、7:30には会場に入り受付。 そこで体重を測りシートにケトルベルのテストサイズが記入される。マニュアルを受け取る。自分のチームに合流する。パートナーを指定され、これからの3日間は彼女と組ん …

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。