kettlebell

デッドリフトの見直し

投稿日:

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

Sponsored Link

最近実感していることは、自分のパワーをまだ使いこなせていないこと。腹圧が足りていない。power breathingになっていない。鼻からズゥ~と息を吸い込み、歯の裏に舌をおき、ツゥ~ツゥ~と息を調整する。吸い込んだ時にはお腹が膨らみ力を溜めこむ。。。この感覚がまだイマイチなのだ。フツーにしている呼吸のはずなのに、呼吸法とか腹圧使うぞ、などと意識すると呼吸が不自由になってしまう。まだ身体にしみこんでない。でもクリアーしたら、成長できると思っている。。。

 

(デッドリフトの改善計画)

1.両足の間にケトルベルを置く。足幅は肩幅より少し広め、膝とつま先は同じ方向を向

く。

2.starting positionを丁寧に行う。

*ヒップヒンジを意識する。

*両耳・両肩を離し体をまっすぐに。

*目線は2m前あたりを見る感じ。

3. 鼻で息を吸い込み、腹圧を溜める。

4.lats(広背筋)を固める、ワキを締める(ハンドル折っちゃうぞっ位な気待ちで)

5.大地を押して、自分の身体を持ち上げる感じで体を起こしていく。

6.トップポジションでは、お尻、膝まっすぐに。体を固める。もも裏、もも前もすべて固め、骨盤がまっすぐになっている状態。背中・首は自然に。

7.ツゥ~と息を調整しながら同じ位置(両足の間)にケトルベルを戻していく。

お尻の引き締め感、ワキを絞った感じ、お腹の膨らみ感、息使い、上体の感覚などの確認を行う。ケトルベルスイングの基本はデッドリフトから。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SFGで学んだこと ー 受講する姿勢

馴れ合いが通用しない世界だとわかった。学ぶ姿勢は大切なポイントだと改めて感じた。

挑戦するって楽しい

イタリアに向かう機内でそう思った。ちょうど一年前にも同じくイタリアに向かっていた。

Swing/Clean/Snatch

私、普段ケトルベルを使っています。大抵は出勤前の家トレがメインです。この地味な?トレーニングが気に入っています。筋トレにもなるし、ストレッチにもなるし、心肺機能向上や持久力アップにも効果を発揮します。 …

私とケトルベル

私がケトルベルを知ったのは、2010年ごろ、友人に薦められてケトルベルのクラスに参加したのが始まり。その当時、護身術を習っていて、そのオプショナルクラスでケトルベルクラスが開催されていた。はじめの印象 …

ケトルベル - 1 arm swing

ケトルベル、スイングは基本ですが慣れてきたら片手スイング(1 arm swing)もぜひ。身体への効き方が両手の時と少し違ってきます。