kettlebell

デッドリフトの見直し

投稿日:

SFGケトルベルインストラクター認定コースから戻って、次のチャレンジの為に準備すると決めた。自分がまだ出来ていないこと、習得出来ていないことを見直そうと思う。呼吸やデッドリフトにまず取り組んだ。

Sponsored Link

最近実感していることは、自分のパワーをまだ使いこなせていないこと。腹圧が足りていない。power breathingになっていない。鼻からズゥ~と息を吸い込み、歯の裏に舌をおき、ツゥ~ツゥ~と息を調整する。吸い込んだ時にはお腹が膨らみ力を溜めこむ。。。この感覚がまだイマイチなのだ。フツーにしている呼吸のはずなのに、呼吸法とか腹圧使うぞ、などと意識すると呼吸が不自由になってしまう。まだ身体にしみこんでない。でもクリアーしたら、成長できると思っている。。。

 

(デッドリフトの改善計画)

1.両足の間にケトルベルを置く。足幅は肩幅より少し広め、膝とつま先は同じ方向を向

く。

2.starting positionを丁寧に行う。

*ヒップヒンジを意識する。

*両耳・両肩を離し体をまっすぐに。

*目線は2m前あたりを見る感じ。

3. 鼻で息を吸い込み、腹圧を溜める。

4.lats(広背筋)を固める、ワキを締める(ハンドル折っちゃうぞっ位な気待ちで)

5.大地を押して、自分の身体を持ち上げる感じで体を起こしていく。

6.トップポジションでは、お尻、膝まっすぐに。体を固める。もも裏、もも前もすべて固め、骨盤がまっすぐになっている状態。背中・首は自然に。

7.ツゥ~と息を調整しながら同じ位置(両足の間)にケトルベルを戻していく。

お尻の引き締め感、ワキを絞った感じ、お腹の膨らみ感、息使い、上体の感覚などの確認を行う。ケトルベルスイングの基本はデッドリフトから。

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プレスと肩の柔軟性

最近、特に感じるのがストレッチの大切さ。スイングする時は腰回りをほぐしてからやるとうまくいく。プレスの時は肩回りをほぐしてやるとよく上がる。

ケトルベルでストレッチ&体幹を鍛える

ケトルベルを使ったトレーニングの効果は、強くなるの他に整える効果が大いにあると感じています。重さの大小や使い方によって健康に生きたい私たちの味方です。ストレッチ&体幹強化のための使い方を紹介します。

2020年 コロナと運動不足と北アルプス

2020年8月のはじめ、久々に山に出かけました。大天井岳(2922m)と燕岳(2763m)です。今年は、新型コロナウィルスCOVID-19の影響で予定していた富士登山がなくなり、前に行った燕岳が良かっ …

SINISTERな私の週末

SFG(Strong First Girya)のケトルベルインストラクター認定コースを受講しました。大変濃密でsinisterな週末となりました。SFGは世界各国でインストラクター認定コースを開催して …

SFG L1ケトルベルインストラクターに認定されました

昨年の自分を超えたように思います。この一年、人の目のない所で密かに頑張ってきたのです。

管理人:kettlepink

日々、健康に過ごせることに感謝しています。主にケトルベルを使ったトレーニング、ストレッチやアスリートフードのことなどを紹介していきます。