kettlebell

スイングの見直し

投稿日:

自分のスイングを見直しての改善計画中。以前の写真の中の私と比べてみました。

Sponsored Link

前のブログの中の写真を見比べてみた。フォーム変わってる。やはり記録って大切だな、と思う。今見ると腰の高さとか背中の反りとか違っている。違いを認めて改善計画。もっと強くなりたいと心に火がついてしまったので、今年のスイングは改善していきたいと思います。

(スイング見直し点)

1.starting positionを丁寧に行う

*ケトルベルを自分の30cmくらい前に置く。

*ヒンジを意識する。(膝は前に出さない)

*自然に手を伸ばしてケトルベルのハンドルに手を伸ばす。耳と肩の距離は離し、肩は上げない。

ヒンジを意識して丁寧にフォームを整えます。

自然にケトルベルに手を伸ばす。最初からケトルベルを掴まない。

スタートポジション

2.呼吸を意識する

鼻で息を勢いよく吸い込み、お腹に力をため、その腹圧を使う。

3.ケトルベルを浮かすように自然に振り上げる。ヒップヒンジを使う。肘はまっすぐ。背中は反りすぎない。

身体はまっすぐ。膝もまっすぐ。お尻を引き締める。

(比べてみました)

2017年9月 腰の位置が少し高いかな。。。

2018年5月 やはり腰の位置が少し高い。。。

2018年7月 最近です。腰の位置が下がり、ヒンジを意識しています。

2017年9月 ケトルベルを振り上げようとして、背中が反ってしまいました。

2018年5月

2018年7月 背中の反りが少なくなりました。腹筋使っている感じです。

 

ケトルベルの教科書。細かい解説はこちらを参照ください。

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベルでヒップアップ-片足デッドリフト

ケトルベルは全身の連動した動きの中で身体を整えていきます。私のお気に入りは、片足デッドリフトです。シンプルでかつヒップに効果大です。

ゲットアップの見直し 2

今回は2019年バージョンです。2018年バージョンから少しアップデートしました。

私の動機 ー SFGケトルベルインストラクター認定コースへの挑戦

私がケトルベルに出会ったのが2010年頃なので、ケトルベル歴8年になります。ただこの地味なトレーニングが面白いと思い、続けてきました。マイケトルも持っています。

コース参加に向けて準備したこと(技術編)

コースの7か月前の2017年11月にA子と共に松下タイケイ先生(SFG L2インストラクター)の指導を受けました。

ケトルベル - ヒンジ(私の空気イス)

ケトルベルでヒンジの動きはとっても大事。かつ基本。スクワットとは違うよとまず強調される。ケトルベルに出会って8年、私の実感レベルで解説します。