kettlebell

最近の私のトレーニング 2019年2月の今

投稿日:

大分、ブログをおさぼりしてしまった。。。私の中でひと段落がついて落ち着いたというか、初心に戻って地味にやっているところなのです。

Sponsored Link

2018年6月に思い立ってイタリアまでケトルベルのインストラクターコース(SFG Level 1)を受けに行って来ました。そのことは前にブログで書いた通りです。結果は不合格でしたが、すごく充実した時間を過ごすことができ、私の中のやる気スイッチが入った感じでした。帰国してからはテストサイズのケトルベルより少し重い14キロでトレーニングを開始しました。私の本気度がアップ、断然やる気が違っていました。3か月ほどでほとんどテストの内容を14キロでこなせるようになり、14キロでスナッチテスト(5分間で100回)も何とか達成し、ひと段落ついていました。

私、そんなに若くないので。。。ヘタに頑張ってしまって体を壊すことのないように、本末転倒とならないように、基礎的なことをコツコツやっているところです。

最近は、主に12キロ、14キロと16キロを交互に重さや回数を変化させて家トレを継続しています。アームバーやボトムアッププレスは10キロ、デッドリフトは40キロといろいろ重量を変えています。日によって上がる時と上げられない時があります。昨日と何が違う?息遣いとか腹圧とか試行錯誤です。昨年6月のコースの時の写真を見ると背中が反っていました。今は、そんなに反ってないように思います。背中を反ると腰を痛めますし、より重い重量を扱うと違いが身に染みてわかります。「軽い重量も重たいベルを扱うように扱え」と教わりました。そういえば。。。

息づかいが、うるさくなりました。ゴーゴーとかハッとか音量アップです。うるさいです。(可愛くありません。。。)でも基本、家トレなので気兼ねなくやっています。フリーハンドもふわっとパーにしたり、グーにしたり、手刀のようにしてみたりいろいろやってみています。とにかく健康コツコツ作戦継続中です。

おかげで元気です。体力にねばりが出てきたというか、前以上にバテなくなりました。趣味の登山にも活かせています。途中でバテません。岩場でも足がよく上がります。プレスのおかげか、肩まわりがスッキリしてきました。腹筋もうっすら割れてきています。

今年はやりたいことが沢山あります。気力に満ちているアラフィフな私です。昨年の夏はコツコツ夏休みもとらずに節約したので。。。今年はたくさんお出かけしようと思います。ケトルベルで筋肉貯金?はしていますよ。

 

ケトルピンク

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


  1. A.Higuchi より:

    はじめまして、A.Higuchiと申します。(申し訳ありません!昨日間違って去年の12/29のコメント欄にコメント残しております^^;)

    私も同年代ですので共感できる事が多いです(^_^)無理せず楽しく体が動かせる喜びを感じていたい、と思う今日この頃です✨
    どうぞよろしくお願いします✨

    • kettlepink より:

      A.Higuchiさん
      コメント、エールを送っていただきありがとうございます。とっても励みになります!体もですが心の健康も大事ですよね。ワクワクする気持ちを忘れずに挑戦する毎日です。コツコツ健康習慣継続中です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性の体調のこと

SFG インストラクター認定コース前日、予想外の。。。生理がやってきてしまった。移動中の機内にて。本来ならコースが終了して帰国してからの予定だった。

ケトルベル、まずはスイングを始めよう!

まず基本は何といってもスイング。両手でケトルベルを持つスイングと片手でのスイングがあるが、まずは両手でケトルベルを持ち振ってみよう。ケトルベルは女性達に嬉しい効果がいっぱい。ケトルベルを振り上げるとき …

ケトルベルで肘打ちが強くなる?-ハイプル

私は若干、巻き肩気味なので改善に向けてトレーニングしています。最近のお気に入りはハイプル。そのうえ、胸が開き呼吸が楽になるように感じます。背中に軽い負荷もあり気持ちいいのです。知らず知らずのうちに肘打 …

ミリタリープレスの見直し

現在ミリタリープレスを改善中。テクニックを学んで、たくさん練習して、それが私の中で息をするように、水が流れるように、たくさん意識しなくても力を発揮できるように。。。日々頑張っているところです。

SFGで学んだこと ー 受講する姿勢

馴れ合いが通用しない世界だとわかった。学ぶ姿勢は大切なポイントだと改めて感じた。