kettlebell

挑戦するって楽しい

投稿日:

イタリアに向かう機内でそう思った。ちょうど一年前にも同じくイタリアに向かっていた。

Sponsored Link

イタリアで行われるSFG  L1ケトルベル インストラクター認定コースに参加するため。そして今年はそのリベンジ。昨年は合格とはならずだった。準備不足だった。

この一年、私なりにだが頑張ってきた。自分で考えて行動(トレーニング)してきた。なんだかワクワク。週末はSINISTERな週末がまたやってくる。どこまで耐えられるか、昨年の自分は越えられたか、自分に挑戦しに行く感じである。とりあえず行きの便ではアルコールは控えておこうと思う。

 

2019年6月

ケトルピンク

イタリアに向かう機内で

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - ジャーク

反動を使ってケトルベルを頭上に上げる種目にジャークがあります。ジャークは体中のいろいろな筋肉を同時に使います。身体がエネルギーに包まれる感じになります。疲れます。。。全身の瞬発力、筋肉増量、筋肉増強、 …

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。

最近の私のトレーニング 2019年2月の今

大分、ブログをおさぼりしてしまった。。。私の中でひと段落がついて落ち着いたというか、初心に戻って地味にやっているところなのです。

ケトルベル - ヒンジ(私の空気イス)

ケトルベルでヒンジの動きはとっても大事。かつ基本。スクワットとは違うよとまず強調される。ケトルベルに出会って8年、私の実感レベルで解説します。

私のスナッチテスト

自宅でスナッチテストに挑戦。制限時間5分。トータル100回スナッチをします。