kettlebell

やっぱりスタートは丁寧に

投稿日:

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。

Sponsored Link

構えのポジションは丁寧に全力で行います。keep tall spineと言われ、背中を丸めず反らずまっすぐと言われていましたが、お尻は少し上向きでいいようです。その方が力をため込み力を発揮できそうです。(昨年のブログもご参照ください)

*ケトルベルを置く位置の目安

つま先の向きを少し調整する。(膝と同じ向きで)

ケトルベルを置く位置が前すぎると、脇が締まりません。

*腸骨あたりに手刀を当て腰を折る

以前は見様見真似でコマネチ?していましたが、今回SFG L1コース参加時によーく観察すると、Vラインより少し上のあたりを押していました。

*ハンドルに手を伸ばし空気イス?に座る感じでロードする

ハンドルに手を伸ばしてヒンジを意識します。折っちゃうぞっ位の気持ちで、行きます。そうすると脇が締まります。(折れないし。。。)

ケトルベルの底面が上がります。

構えを丁寧に行うことでスイングが綺麗なフォームになると思います。クリーンの際にも活かされてそのあとのプレスの際にも有効に働くように思います。無駄な力を使わず、素直な感じとなり力を発揮できます。シンプルに行きましょう。

 

ケトルピンク

 

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - ゲットアップ

前にハーフゲットアップを紹介しましたが、後半も加えて一連のゲットアップをやってみます。ゲットアップは仰向けの姿勢から、ケトルベルを持ったまま起き上がり、また戻ります。全身の筋肉を総動員する感じです。

ケトルベルは無酸素運動?有酸素運動?

ケトルベルのトレーニングは無酸素運動か有酸素運動か?ふと思いました。重たい重量を扱っていると、息が出来ないなと思いました。どっちでしょうか?

スナッチ強化週間 第2弾 前半(1-3週目)

スナッチ強化週間始めました。私にとっては第2弾となります。前回は12キロのケトルベルを使用しました。今回は14キロで挑戦します。

ハーフゲットアップ - 回し蹴りの強化にも

ケトルベルを使ったトレーニングで、ゲットアップは基本ですし是非お勧めしたい種目ですが、とりあえずその半分でもいいかもしれません。まずは始めてみること、続けることが大切。

ケトルベル、腹圧で上げる

ケトルベルトレーニングの時は、呼吸がとても大切だと実感しています。ケトルベルを扱う際の呼吸について少しお話します。