kettlebell

ケトルベル ジャーク

投稿日:

ケトルベルのジャーク。少々上級者向けな感じもありますが、やってみると楽しい。膝の屈伸が使えるので重たいケトルベルをあげることも出来ます。

Sponsored Link

手順はこんな感じです。(前のブログもご参照ください。)

1.クリーンします

ケトルベルを腕の中に収める時に、膝の屈伸を使ってフワリとケトルベルを受け止めます。

2.膝の屈伸を使ってケトルベルを浮揚させます

上方にケトルベルを放り投げる感じ。かかとが浮きます。

3.ケトルベルが浮いたところに自分の体を潜り込ませます。

肩の柔軟性か、自然と上がる位置があると思います。それ以上、上げるには腹圧や呼吸を使って上げることになりますが、ジャークではケトルベルを上げるというより、ケトルベルの下に自分の体を入れます。ということで、あまり力は使いません。

4.ケトルベルを受け止めたら、そこで立ち上がります。膝・肘を伸ばして。

5.ケトルベルを下ろす時も膝の屈伸を使って、フワリとケトルベルを受け止めます。

上りで2回、下りで1回、膝の屈伸をフワリと使ってケトルベルを受け止めます。

身体をなめらかに使います。膝の反動を使うのでジャークの動きに慣れてくると、わりと重たいケトルベルも扱えるので楽しくなります。

(ダブル・ジャークやってみました)

昨年の私はダブル・ジャークは想定外でした。やってみると楽しいです。余裕が出来たら試してみて。。。

(14キロのダブル・ジャーク)

 

昨年の自分のブログを見返すと、大分フォームが変わりました。柔らかく膝を使えるようになってきました。

 

ケトルピンク まだまだ成長中。。。

 

普段何気なくしている呼吸を意識して、武器?にも出来るように思います。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - 1 arm swing

ケトルベル、スイングは基本ですが慣れてきたら片手スイング(1 arm swing)もぜひ。身体への効き方が両手の時と少し違ってきます。

スナッチテスト 2019年6月

SFGインストラクター認定コースでは、スキルテストの後スナッチテストが行われます。性別や体重などによってスナッチテストのケトルベルの重量は違いますが、女性で12キロか16キロ、男性で20キロか24キロ …

スクワットをしよう-ゴブレット・スクワット

私たち、日頃から立ったり座ったりがけっこうあります。オフィスでも電車など移動の時もおトイレでも。。。健康に生きていくには必須の動きだと思います。いつまでも自分の足で歩けるように、ハツラツと過ごせるよう …

ケトルベルでヒップアップ-片足デッドリフト

ケトルベルは全身の連動した動きの中で身体を整えていきます。私のお気に入りは、片足デッドリフトです。シンプルでかつヒップに効果大です。

ゲットアップの見直し

ゲットアップについて、前のブログでも紹介しましたが、今回は2018年バージョンです。