kettlebell

片足デッドリフト

投稿日:

最近、片足デッドリフトが地味に楽しい。もも裏に効果がありそうです。両手にケトルベルを持ってするのが最近のお気に入りです。

Sponsored Link

ただ今、左の肩を痛めているためプレスやスナッチなどケトルベルを頭上に上げる動作は少しお休みして下半身トレを多めにしています。ふだん家トレがメインですが、筋肉痛ってほとんどないし登山に行っても筋肉痛はありませんでした。片足デッドリフトを両手にケトルベルを持ってやってみると翌日、もも裏にイイ感じに筋肉痛が。。。やってきました。嬉しい。前のブログでも紹介していますが、今回はケトルベルを二つ使用します。

(片足デッドリフト、ケトルベル二つ)

1.両手にケトルベルを持ち床に置きます。

2.床に置いたケトルベルを持ちあげます。その時、片足です。スイングでヒップヒンジを使う要領で腰にクッと力が入ります。

3.持ち上げたら一旦足をついてOK。

4.片足でケトルベルを床に置きに行きます。

 

これだけです。左右同様に行います。

ケトルベル一つ持ちの時よりも、両手持ちのほうが腰にクッと力が入りやすいように思いますが、勢いをつけたり、左右どちらかに力を逃がしたりせずにただまっすぐ前を向きながら素直?に行います。支えているほうの脚のもも裏にクッと力が入ります。ヒップアップ、もも裏の引き締めに効きそうです。これは嬉しい。夏を目指して密かに頑張りたいと思います。

ケトルピンク 夏に向けて。。。

Sponsored Link



Sponsored Link



-kettlebell

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私のスナッチテスト

自宅でスナッチテストに挑戦。制限時間5分。トータル100回スナッチをします。

スナッチテスト 2019年6月

SFGインストラクター認定コースでは、スキルテストの後スナッチテストが行われます。性別や体重などによってスナッチテストのケトルベルの重量は違いますが、女性で12キロか16キロ、男性で20キロか24キロ …

スクワットをしよう-ゴブレット・スクワット

私たち、日頃から立ったり座ったりがけっこうあります。オフィスでも電車など移動の時もおトイレでも。。。健康に生きていくには必須の動きだと思います。いつまでも自分の足で歩けるように、ハツラツと過ごせるよう …

痛みのケア - 私の経験から

痛みのケア。大事をとりすぎず、少々自分をいじめる?試練を課す?(言い方次第)のがいいのかと思っています。乗り越える力をチャージします。

やっぱりスタートは丁寧に

ケトルベルを振る際のスタート ポジションは丁寧に構えます。