self-defense

護身の心得 - 残心(ざんしん)

投稿日:

いつも誰かが私のことを守ってくれるはずもないし、女性も社会に出るからには多少の身を守る技なども身につける必要があるのかなと思います。私は、護身術を学びましたが、まずは精神的な部分が大きいように思います。

Sponsored Link

女性にとっての護身術は、決して戦うことではなく、守ること。予防すること。残心は文字通り、心を残すこと。武道などで技をきめた後も油断せず、次に起こるかもしれない変化に応じられるよう心を備える心の構えのことを指します。日常生活に大いに当てはまると思うのです。戦う気持ちを残し、決して負けないぞという気概を示す。そうすることで無駄な紛争を避けるための礼儀かなとも思うのです。

いざという時、目力のあるクール ビューティーを目指したいところです。平常心を保ち、決してうろたえない心の準備。。。していますか?

 

 

江戸時代に禅僧・沢庵が柳生宗矩のために禅の教えや人生の心構えなど説いたもの。「とらわれないこと」心がとらわれてしまうと迷いが生じてしまう。相手がどう出るかとかまえてしまうと動けなくなる。とあります。平常心、些末なことを気にしない心、ストレスフリーでいること。。。かなと。深いです。

Sponsored Link



Sponsored Link



-self-defense

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケトルベル - ヒンジ(私の空気イス)

ケトルベルでヒンジの動きはとっても大事。かつ基本。スクワットとは違うよとまず強調される。ケトルベルに出会って8年、私の実感レベルで解説します。

女性の護身ー不利を武器に変える

私は2008-2017年夏頃の間、護身術を学んできました。今は、スタジオや道場に通うことはしていませんがその間に身についたことは今の私の一部となっています。

護身について考えています

女性だからと言って、誰かがいつも助けてくれるとは限らない。いざとなったら自分のことは自分で何とかする必要があるんだと心得ています。

管理人:kettlepink

日々、健康に過ごせることに感謝しています。主にケトルベルを使ったトレーニング、ストレッチやアスリートフードのことなどを紹介していきます。